menu 最新号紹介 創刊への道 めざせ! 音楽業界★ 音に生きる 音楽ギョーカイMAP オトイキ編集部ブログ
 

オ ト イ キ 編 集 部 ブ ロ グ

音楽雑誌『音に生きる』編集部員の楽しい(苦しい!?)日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月25日(火)渋谷O-EAST 『渋さ知らズオーケストラ vs ZAZEN BOYS』

今回のオトイキブログは、
吉田一郎(Ba)の加入後初となる
ニューアルバム『ZAZEN BOYS 4』の発売が
9月17日に決定したZAZEN BOYS
アンダーグラウンドシーンで話題の
ドラムパフォーマー・ドラびでお
そして日本が世界に誇る大人数バンド
渋さ知らズオーケストラの三組が出演した
ライヴイベントのレポートをお届けします。



渋谷O-EAST
のステージに最初に登場したのはZAZEN BOYS
ニューアルバムに収録されるであろう新曲に注目が集まります。

冒頭の“SUGAR MAN”“HIMITSU GIRL'S TOP SECRET”に続き
「週末の曲を作りました。“週末”思想やね」
という向井秀徳(Vo.Gt)のMCから
新曲“WEEKEND(仮)”をついに初披露。
ギターリフを中心に、展開の妙と変拍子のリフレインで
緊張感のあるダンスミュージックに仕上がっていました。

続けておなじみ「繰り返される諸行無常ー」のフレーズから
披露された新曲“ASOBI(仮)”
プログラミングされたシンセループと
抜き差しの多い演奏で徐々に盛り上げていくナンバー。
向井とともにお手製特大マラカスを振るカシオマンこと
吉兼 聡(Gt)の姿が印象的でした。

その後は“I Don’t Wanna Be With You”
“Friday Night”といった
シンセフレーズを主体とした曲でクールな展開を見せ
最後の“RIFF MAN”でためていた緊張を爆発させる彼ら。
おなじみカシオマンの変態ダンス&ギターも炸裂し
オーディエンスの盛り上がりが最高潮に達したところで
狂熱のライヴは終了。

前作『ZAZEN BOYS Ⅲ』から加入した松下 敦(Dr)
一発一発が重厚なドラミングと
吉田の骨太でグルーヴィーなベースが濃密に絡み合い
既存の曲も新曲も違和感なく
曲全体の構成やグルーヴを重視した
新しいZAZEN BOYSの音として鳴らされていて、
ニューアルバムへの期待がかなり高まるライヴでした。



間髪入れずサブステージに現れたのは
想い出波止場など数々のバンドに参加している
ドラマー・一楽儀光のソロユニット、ドラびでお

プログラミングされた音に合わせてドラムでビートを刻みながら
同時にスクリーンでエキセントリックな映像を流し、
その映像をドラムの各パーツに付いたセンサーで
ビデオデッキのように再生や巻き戻しをするという、
映像と音楽が一体化したすさまじいパフォーマンスで
海外でも高い評価を受けているミュージシャンです。

その内容は政治的なものから
ニュー・オーダーの名曲“ブルー・マンデー”
“マツ●ンサンバ”の映像をマッシュアップしたもの、
文字にするのもはばかられるような下品すぎるものまであり
まさに抱腹絶倒のパフォーマンスで
オーディエンスに強烈なインパクトを残していきました。

ライヴ会場でしか観られないものも多々あると思いますので
気になる人はぜひライヴに足を運んでみてください。



そして再びメインステージの幕が開くと
いよいよ渋さ知らズオーケストラのライヴがスタート。

ホーン隊や鍵盤、リズムセッションといった楽器隊に加え
全身白塗りのダンサーや延々とバナナを振り回す謎の美女まで
総勢30人近いメンバーの織りなす総合エンターテイメントに
目を奪われ体が自然に動きます。

“Naadam”“本多工務店のテーマ”といった
スピリチュアルかつドンチャン騒ぎの曲が次々に繰り出され
最初は少し抑え気味だったオーディエンスも
最終的には阿波踊りを始める人やら
円陣を組んで回りだす人やらとカオスな状態に。

今夏にも海外ツアーをひかえるなど
世界中でその名を轟かしている彼らの
グローバルな実力を体感したライヴでした。



全体的には、アンダーグラウンドな人気を持つドラびでお
国内外で人気を集める渋さ知らズオーケストラから、
比較的メジャーなアーティストといえるZAZEN BOYSまで
それぞれがすばらしいパフォーマンスを見せながらも
カタヒジ張らずに楽しめるイベントでした。

ジャンルやメジャー/インディー、
取り上げているメディアなどで
自分の聴く音楽の境目を決めてしまう人が多いなか
もっと積極的にいろいろな音楽に触れてほしい!という
主催者側の気持ちが伝わってきました。

また個人的にはアマチュアのバンドマンも
似たような系統のバンドで固まるだけではなく
こういったノージャンルなイベントにも
どんどんチャレンジしてほしいとも感じました。
(ちなみにZAZEN BOYSは 国内有名ヒップホップアーティストとの
 対バンライヴも予定されています。詳しくは公式HPにて!)

(た)


I Don’t Wanna Be With YouI Don’t Wanna Be With You
(2007/12/05)
ZAZEN BOYS

商品詳細を見る


ドラ!!ドラ!!ドラ!!われ奇襲に成功せり!!ドラ!!ドラ!!ドラ!!われ奇襲に成功せり!!
(2005/08/20)
ドラびでお

商品詳細を見る


渋響渋響
(2007/01/10)
渋さ知らズ

商品詳細を見る

コメント大歓迎!


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。