menu 最新号紹介 創刊への道 めざせ! 音楽業界★ 音に生きる 音楽ギョーカイMAP オトイキ編集部ブログ
 

オ ト イ キ 編 集 部 ブ ロ グ

音楽雑誌『音に生きる』編集部員の楽しい(苦しい!?)日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキー魂

特集の取材でとあるレコード会社を訪れました。
そのときインタビュー取材終了後にこんなことを言っていた方がいました。

「今、バンドにほしいのは“ヤンキー魂”ですね」と。

今の時代だからこそ、こんな時代だからこそ、
友達のために泣いたり、好きな人のことを想って眠れない夜を過ごしたり、
朝まででっかい夢を語り合ったり…
そんなヤンキー魂を持った人に出会いたい。
そしてまた、今、シーンでチャートをにぎわせているのは
そんな“ヤンキー魂”を持った人たちではないかと。

“ヤンキー”っていうとちょっと語弊があるかもしれないけど、
その人が言いたかったことはつまりこういうことじゃないでしょうか。
物事に“バカ”みたく熱くなること。
クールに俯瞰(ふかん)していても人にはなにも伝わらない、ということ。

ちょっと青臭いですか? 

でもきっと、インターネットをこねくりまわして
頭の中であれやこれやとほじくり回して生みだしたモノは、
人の心には届かないんじゃないかなと思います。
自分の足でかせいで、汗水たらして生み出したものじゃないと
万人を動かすパワーにはならないのではないでしょうか…。

やっぱり青臭いでしょうか…。

『ヤンキー魂』

いい響きでした。

(し)

コメント大歓迎!


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。