menu 最新号紹介 創刊への道 めざせ! 音楽業界★ 音に生きる 音楽ギョーカイMAP オトイキ編集部ブログ
 

オ ト イ キ 編 集 部 ブ ロ グ

音楽雑誌『音に生きる』編集部員の楽しい(苦しい!?)日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OCEANLANEのご近所物語

いよいよ発売しました、音に生きるNo.9 『作曲入門』!
詳しい内容は→コチラ←をクリック!

というわけで、引き続きこのブログでは
No.9の取材ウラ話をお送りします。
今回はOCEANLANEです!


ーーーー11月某日 OCEANLANEのインタビューにてーーーー


今回のインタビューでは
ちょっとしたサプライズが。

カメラアシスタントの三嶋さんが
なんと、HajimeとKay2人の
学生時代からの友だちだったのです!

三嶋「昨日も会ったよね(笑)」

Kay「てか、仕事してるとこ初めて見たよ(笑)」

というぐらい、親しい間柄とのこと。
しかも家もご近所ということで、

Hajime「最近、ベランダの明かり付いてるけど飲んでるの?」

とジモトーク(?)も炸裂し、
和気あいあいとした雰囲気の取材になりました!



そんなOCEANLANEの
インタビュー

アルバム全曲解説

独占スタジオ潜入レポート
が読める、

音に生きるNo.9は
全国書店にて発売中です!







スポンサーサイト

藍坊主の師匠?

『音に生きる』No.9取材ウラ話、
第1弾アーティストは藍坊主です!




ーーー11月某日 藍坊主インタビューにてーーー



取材もひととおり終わって
くつろぐメンバーたち。

「ああっ、この人知ってる!!」

と、声をあげたのはドラムス渡辺拓郎。
なにやら『音に生きる』の前号を指差しています。
指差した先には相模原総合高校軽音部の橘先生。


「昔、この先生にドラム習ったことがあります!」


なんでも高校時代、同じ地区の別の高校に橘先生がいて
その関係で所属していた軽音部によく教えに来ていたとか。

後日、橘先生にその話を聞いてみると
こんな答えが返ってきました。


「覚えてますよー。でも、うますぎて教えることがなかった。
 こんな高校生いるのか!と思いましたね。スーパー高校生でした」


と、思わぬ再会(?)を果たした2人でした。



そんな高校時代から才能を発揮していた藍坊主の
6Pにわたる独占インタビューが読める、
『音に生きる』No.9は
12月11日(木)全国書店にて発売
です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。