menu 最新号紹介 創刊への道 めざせ! 音楽業界★ 音に生きる 音楽ギョーカイMAP オトイキ編集部ブログ
 

オ ト イ キ 編 集 部 ブ ロ グ

音楽雑誌『音に生きる』編集部員の楽しい(苦しい!?)日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音に生きる No.4/9月8日(土)発売決定!!

「次の音に生きるはいつ出るの?」「特集はなにをやるの?」とNo.4の発売を待ちわびているみなさん、お待たせしました!

No.4の発売が決まりました!! 今号も盛りだくさんな内容でお届けします。ここで内容をちょっこっと、いえ、一挙大公開! しちゃいます。

★音に生きる No.4 詳細はこちら

スポンサーサイト

購入方法について

『音に生きる』No.3が発売され、もうすぐ1週間が経とうとしていますが、楽しんでいただいていますでしょうか?

さてさて、現在、編集部に「『音に生きる』が欲しいんだけど、売ってない!」「どこの書店に置いてあるの?」「どうやったら手に入れられるの?」などなど、うれしいお問い合わせを多数いただいています。

そこで、あらためて『音に生きる』の購入方法についてご説明します。

書店と出版社の間には、「取次(とりつぎ)」という本を流通させる卸問屋さんが入っています。そして、本はその「取次」を通して、全国の書店に届けられます。
その関係で、編集部では「○○県の○○○書店に入っています」ということはわかりかねる状況です。
また、探しに行ってみた書店に『音に生きる』がないということは、すでに売り切れてしまったり、もともとその書店に『音に生きる』が入っていないことなどが考えられます。

…と、ちょっとややこしい話をしてしまいましたが、つまり、書店に『音に生きる』がないからといって、入手をあきらめちゃダメですよってことなんです。
『音に生きる』を入手する方法はあるんです!

まず、お近くの書店のレジカウンターで、店員さんに「本の注文をお願いします」と店員さんに伝えてください。そして下記のことを伝え、「取り寄せ」というかたちで書店に注文を入れてください。

●雑誌名:音に生きる
●出版社名:クレタパブリッシング
●電話番号:03-5777-7013
●雑誌コード:12476-07
※号数はNo.1~3まであります。希望No.と希望購入冊数をあわせて伝えてください。

または下記のwebページに紹介している方法でもご注文いただけます。

http://www.otoiki.com/magazine/backnumber.html

それでは、どうぞよろしくお願いいたします!

「オトイキ The power of music」オンエア中

大阪FMラジオ局『FM cocolo』でオンエア中の番組『cocolo NETRIBE』内で、『音に生きる』のコーナーが登場しました!
このコーナーでは、『音に生きる』でフィーチャーしたアーティストの取材エピソードを交えながら、楽曲を紹介していきます。
先日、その記念すべき第一回が放送され、Vol.2の巻頭特集『プロの生き様からヒントをつかめ!!』のトップを飾ってくれたSHAKALABBITSをレコメンド。
本誌編集長北村が、取材時に垣間みた彼らの素顔や、SHAKALABBITSの音楽の魅力を織り交ぜながら、アルバム『嘘を混ぜ込んだ真実のスープ』より“MutRon”を紹介しました。
今月は4月17(火)、27日(金)に放送されます(深夜2時台に放送予定です)。
どのアーティストをレコメンドするのか、乞うご期待!

※cocoloNETRIBE(ココロネトライブ/76.5Mhz)は関西2府4県をカバー。三重県南部や徳島県北東部、香川県、岡山県東南部まで届く場合もあるので周辺地域にお住まいの方はチェックしてみてください(環境により受信できない場合があります)。
くわしくは http://www.netribe.net/ をご覧ください。

待望の第2号、本日発売!!

本日、『音に生きる』Vol.2が発売されます!
今回のテーマは「プロの生き様からヒントをつかめ!!」。
音楽の世界に生きる彼らが、なぜ“今”を手に入れることができたのか? プロとアマチュアの間に存在する大きな壁とは?
そこに焦点を絞り、シーンをにぎわせているアーティストにロングインタビューを敢行。その他にも、“家族愛”を大切にするHOME MADE 家族が今、身近に起こっている問題を考える「今に潜むリアル」や、音楽業界を生き抜くために必見の「今さら聞けない音楽業界用語辞典」などなど、盛りだくさんな内容でお届け。もしも「音に生きる」ことを望むなら、一字一句見のがすな! 
というわけで、くわしくは当サイトの「最新号紹介」をご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。