menu 最新号紹介 創刊への道 めざせ! 音楽業界★ 音に生きる 音楽ギョーカイMAP オトイキ編集部ブログ
 

オ ト イ キ 編 集 部 ブ ロ グ

音楽雑誌『音に生きる』編集部員の楽しい(苦しい!?)日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休刊のお知らせ

つづきを表示

スポンサーサイト

GRAPEVINEとK-DUB SHINE

みなさま、『音に生きる』No.11はもう読んでくれましたか?

今回インタビューに出てくれた多くのアーティストのなかでも
必見なのは、やっぱりGRAPEVINEの3人。
すでに見てもらった方はわかると思いますが、
インタビューもさることながら、
写真がかなりカッコいいのです。

実はこれ、渋谷の町中のとある路地裏で撮影されたものなのですが
どこかわかりますか?
渋谷に行った際は『音に生きる』を片手にちょっと探してみてください!



そして渋谷といえば…渋谷のドン!
そう、K-DUB SHINEです。

新連載の『音楽種別解体新書』では
K-DUB SHINEのDJ OASISと組んだ最新ユニット『radioaktiveprojeqt』の新曲
“24 -Twenty Four-feat. 宇多丸”を
K-DUB SHINEご本人から使用許可をいただき
テルミン界の第一人者、竹内正実先生によって
テルミンアレンジしてみました!
それでは、動画をごらんください!
↓↓

音楽種別解体新書

す、すごい…
ぜひ誌面といっしょにお楽しみください。


他にもおもしろい企画が盛りだくさん!
『音に生きる』No.11は、全国の書店にて発売中です!

本日発売です!

『音に生きる』No.11【アコースティック楽器入門】本日発売です!
書店ではこのさわやかな緑の表紙を目安にお探しください。

音に生きるvol.11


さて今回の『音に生きる』では
多くのアコースティック楽器を取り上げていますが、
とくに人気の高いアコースティックギターは
初心者向けの演奏方法やカタログから
すでにギターを持っている人に役立つ
ちょっとしたテクニックまでを掲載しました。

でもギターって雑誌だけだと細かいテクニックは
なかなかイメージしにくかったりもしますよね?

そこで今回は音楽学校MI Japanとのコラボレーションで
誌面と動画を組み合わせた『弾き語りテクニック講座』を作成しました!
こんな感じです↓

音に生きる × MI Japan 弾き語りテクニック講座1

いかがでしょうか?
わかりやすいですよね!

動画を見るには
YouTubeで『音に生きる MI JAPAN』と検索するか、
こちらをクリック!
またケータイから読めるQRコードは↓
otoniikiru2.jpg

ぜひ誌面と合わせて見てみてください!



ちなみに今回インタビュー登場アーティストは!
宮沢和史/GRAPEVINE/UNISON SQUARE GARDEN/a flood of circle/MONKEY MAJIK/Leyona/阿部真央/KAKUEI(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)/栗コーダーカルテット/Shima&ShikouDUO/cinema staff/S.R.S/neco眠る/BAND A

さらにライヴレポート登場アーティストは!
LOW IQ 01 MASTER LOW/FLOGGING MOLLY/赤い疑惑/相対性理論/オシリペンペンズ/ミドリ/筋肉少女帯/泉谷しげる/BACK DROP BOMB/ACIDMAN/BRAHMAN/FRONTIER BACKYARD/凛として時雨/MARS EURYTHMICS/fam


今回も盛りだくさんでお届けする『音に生きる』No.11、
全国の書店にて発売中です!

音に生きる No.11

みなさま、長らくお待たせいたしました。
音に生きるNo.11がついに完成しました!

11表紙
(↑クリックすると表紙が見られます)

今回の巻頭特集は夏に向けての特別企画、
“アコースティック楽器入門”

アコギやカホン、サックスからリコーダーまで
いつでもどこでも誰とでも楽しめる
アコースティック楽器のしくみと魅力に加え、
誰でもできるカンタンな演奏方法を徹底解説しています!

詳しい内容は後日UP予定の新刊案内をご覧ください!
もちろん、このブログでもさらに詳しい内容や
取材のウラ話などを紹介していきますよ!


そして気になる登場アーティストは↓

宮沢和史(THE BOOM)

GRAPEVINE

UNISON SQUARE GARDEN

a flood of circle

MONKEY MAJIK

Leyona

阿部真央

KAKUEI(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)

栗コーダーカルテット

Shima&ShikouDUO

cinema staff

S.R.S

neco眠る

BAND A



いやあ、今回も幅広いですね!




さらに新連載も続々スタート!


テルミン奏者の第一人者、竹内正実先生が
K-DUB SHINEとDJ OASISのユニット、
radio aktive projeqtの新曲をカヴァーする!
『音楽種別解体新書』


話題の“エレクトロ”を解説!
『ジャンル辞典』


衝撃の新企画!
『全日本ロンドンコーリング選手権』


などなど、超盛りだくさんでお届けします。



音に生きるNo.11は
6月11日(木)発売です!

ご予約は全国の書店にて。

デメキング

昨日は、映画『デメキング』公開記念LIVE@渋谷club asia
に行ってきました。

あの『20世紀少年』の元ネタにもなったと言われている
伝説のカルト漫画『デメキング』を実写化したこの映画。
ライヴには原作者のいましろたかしをリスペクトする、
バンド3組が登場しました。
が、このメンツがとんでもなかったんです。


まずは『音に生きるNo.09』に登場してくれた
社会派ロックバンド、赤い疑惑

そして『音に生きるNo.07』に登場してくれた
関西サイケデリックの帝王、オシリペンペンズ

さらに今をときめく
計算高き胸キュンポップマエストロ、相対性理論



いやぁ、すごい3組ですね。
そしてライヴももちろんすごかった。



赤い疑惑が客席のど真ん中でフリースタイルラップをかます!
「デ・メ・キ・ン・グha-to」のひと言ですべてを持っていく理論やくしまるえつこ!
ペンペンズ石井モタコが吠える!吠える!吠える!




こんな感じで熱狂の3時間でした。
早くも2009年ベストイベントかも。
詳しいライヴレポートは
音に生きるNo.11(6月11日発売)で掲載予定です!



と、その前に



音に生きるNo.10 絶賛発売中です!
お求めはお近くの書店にて。
バックナンバーのお求めは →こちら← から。
定期購読のお申し込みは →こちら← です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。